旅行といえば温泉!

国内旅行と言えば、やっぱり温泉旅行が一番です。ストレスが多く、肉体的にも精神的にも疲れ気味の現代日本人は癒しを求めています。温泉はそんな日本人に安らぎと癒しを与えてくれるスポットです。日本全国に温泉はありますが、その泉質は様々です。どんな温泉が、何に効能があるのかをきちんと知っておくと、身体の不調の改善や健康の増進に役立ちます。日本は温泉がいたるところで湧き出す恵まれた国です。その温泉を日本人は愛し、古くから利用してきました。そのおかげで日本の温泉文化は非常に発達しています。最近は日帰り温泉等も増加し、温泉は身近になりました。宿泊旅行では貸切露天風呂や、露天風呂付きの客室が人気を集めています。九州在住の私がよく訪れるのは大分県の別府温泉と湯布院ですが、九州だけでも温泉地は数多くあり、全てを巡ることはできていません。通常の温泉に入るなら、シーズンは秋から冬にかけてがベストです。紅葉を見ながら、あるいは雪を見ながらの温泉は格別です。もちろん、春はサクラを見ながら、夏は夕日を見ながら温泉に入るのもよいです。ただし、夏は暑いので、温度の高い温泉はのぼせ易く、長時間浸かれないのが難点です。夏に訪れるのであれば、打たせ湯や棚湯、何種類もの浴槽があり、様々な泉質が楽しめる温泉施設がおすすめです。